IoT(Internet of Things)の未来に向けIBMが提唱するデバイスデモクラシーとは?

virtual-currency

日々、人々の生活は便利になっています。
日進月歩、今までになかったような技術が次々に生み出され便利になっていきます。
そして最近は「Iot」という言葉をよく耳にするようになりました。
「IoT」とは【Internet of Things】の略で「モノのインターネット」と訳されることがあります。
すなわちインターネットに様々な危機を接続し管理を行おうという試みです。

さまざまなモノをインターネットに接続しセンサーや通信機器を使い監視したり遠隔操作したり、例えば家にいないのにエアコンの電源をON・OFFしたり自宅のペットの様子を見たりと言った具合です。

そんなIoTに対しIBMがDevice Democracy(デバイスデモクラシー)というものを打ち出しました。
IBMの考えるデバイスデモクラシーではIoTの抱える問題点を以下のように上げています。

  1. 接続のコストが肥大
  2. インターネットに対する信用低下
  3. 将来にわたり使用される。
  4. 価値ある機能のが欠けている。
  5. 壊れたビジネスモデル

いずれも近い将来問題視されることが多いと思われます。
これらの問題に対してブロックチェーンで解決を試みます。
これにより多くの問題が怪ける去るようです

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

ピックアップ記事

  1. キャプチャ

    2015-9-10

    E-Coin、バーチャルデビットカードの無料発行に対応

  2. 11703526_10153534771854455_4135148978451406433_o

    2015-8-28

    ビットコインだけで世界一周を試みたプログラマの話

  3. 2015_07_29_083421_55b8ba3d8fd0d

    2015-7-31

    仮想通貨“ビットコイン” 法規制議論が本格化

ページ上部へ戻る