ビットコインとアナーキー&リバタリアン

コネクション

ビットコインや仮想通貨のことを調べているとしばしば「アナーキー」や「リバタリアン」という単語に出くわします。
アナーキーは最近はあまり聞かなくなりましたが時々耳にすることもあるのではないでしょうか。
逆にリバタリアンという言葉は日常的にほとんど聞くことがないかと思います。

「アナーキー」と「リバタリアン」それぞれどんな意味なのでしょうか、そしてビットコインとどんな関係があるのでしょうか

 

アナーキーは「無政府状態」と訳されます。
国家などの場合においては行政機関が存在しないことを意味するがビットコインにおいては管理されないという意味でいいでしょう。

リバタリアンは色々な表現をされていますが「完全自由主義者」という意味で表されます。
語源は「リバタリアニズム」(完全自由主義)に由来します。
これも「アナーキー」に似た意味合いで使われることが多いようです。

ビットコインの存在自体が自由主義の無政府状態と言ってもいいかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

ピックアップ記事

  1. キャプチャ

    2015-9-10

    E-Coin、バーチャルデビットカードの無料発行に対応

  2. 11703526_10153534771854455_4135148978451406433_o

    2015-8-28

    ビットコインだけで世界一周を試みたプログラマの話

  3. 2015_07_29_083421_55b8ba3d8fd0d

    2015-7-31

    仮想通貨“ビットコイン” 法規制議論が本格化

ページ上部へ戻る