世界最大級の9大銀行が共同でブロックチェーンを利用する事に同意

ビットコインが注目を浴び、数ある技術の中でもブロックチェーンの研究は世界各国で進んでいる。
金融や証券のやり取りにも応用出来ると話題になったが、実用化された例はまだない。

そんな中、世界最大級の銀行9行によるブロックチェーンを応用する共同プロジェクトが発表された。
合意した銀行はバークレイズ、UBS、ステート・ストリート、JPモルガン、クレディ・スイス、RBS、ゴールドマン・サックス、コモンウェルス、BBVAの9行だ。

プレスリリースによると、セキュリティ、信頼性、効率性、スケーラビリティ、可視性の面で分散型P2Pプロトコルに注目し、金融機関での使用を想定した研究と実験、設計から開発までを計画している様だ。

1つの銀行が独自に研究に着手する例は今までもあったが、9行もの大規模なプロジェクトはこれが初めてとなる。
金融機関の間で共通のブロックチェーンを用いると、他行宛の送金であっても速い送金が可能で、しかもセキュリティも優秀で外部からの攻撃にも強い。

実際に金融期間にブロックチェーンが採用されれば、長らく保守的な金融界にとってまさに革命レベルの変化となるだろう。
利便性は大きく向上するため、実際に実用化される日が待ち遠しい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

取引所の登録はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ご支援はこちら

仮想通貨24は皆さまのご支援により運営させていただいております。ご賛同いただける方は下記アドレスにお気持ちをご送信下さい。

ビットコインアドレス

1GeyoFJovZhbRTFHGM1jk7z8VtfeHg4UHX

ビットコインアドレス
(QRコード)

qrコード

広告枠について

仮想通貨24では広告枠をご提供させていただいております。 詳しくは下記からお問い合わせください。
広告枠を問い合わせる
ページ上部へ戻る