Bitcoinとは?新時代のネット決済ツールの仕組み

ダウンロード (12)

今話題の仮想通貨、ビットコインについてわかりやすくまとめた動画があちこちで公開されています。

ビットコインとは

新たなネット決済ツールであるビットコインは言わば「金(ゴールド)」です。
誰しもが認める金の価値は、市場取引によって日々変化していき、埋蔵量に限界があることでその価値を保っています。金と同じく、ビットコインには発行時期と発行量を決定し管理する中央政府の存在はありません。ネットワークの各利用者が発行者となり「miner」とよばれるビットコイン採掘管理ソフトが埋蔵量に限界がある中で流通量を自動調整します。そして、その価値がネット上の需要と供給の関係によって変化することも金の市場と同様です。
これまでのデジタル通貨は一般に、取引所で既存通貨を変換することで得られてきましたが、それに加えビットコインは鉱山を掘るように自分の手で採掘し得ることも可能です。

 

ビットコインの使い方

ビットコインはパソコンさえあればアプリケーション「miner」を使って誰でも作り出すことが可能で、公平性とセキュリティは担保されています。ビットコインの採掘量はこのアプリケーションによって上限量が決められている中で自動調整されます。手に入れたビットコインはデジタルウォレットに蓄えられ、オンラインバンクのように使用することができます。
誰でも入手、使用可能なビットコインでは、ゲームや本、ギフト商品、など様々なものを購入できます。最近では数多くの取引所もでき、すでにドル、ユーロなどのさまざまな通貨がビットコインへの変換に対応しています。

ビットコインの誕生

ビットコインの採掘者は、ネットワークを維持する代わりにビットコインを得ることができる仕組みになっています。しかしビットコイン採掘にあたって、ハイスペックなパソコンや専用チップを搭載するハードウェアが必要であったり、採掘にかかる電気代はそれによって得られるビットコインの価値以上であったりする事実もあります。

 ネットワークを支える人々に見返りを与えることによりシステムを維持・運営する仕組みに加えて、ビットコインには次のような理想概念が取り込まれています。
・複雑な暗号規則による匿名性
・不正使用が完全に探知可能な安全性
・流通量の制限と埋蔵量限界の設定による市場価値の維持
・中央政府的なシステムを排除することで流通の低手数料化
 これは「中本哲史」と名乗る人物が書いた「ビットコイン:P2P 電子マネーシステム」という論文をもとに生み出されました。この中本哲史という人の正体はわかっておらず、さまざまな説が飛び交っています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

取引所の登録はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ご支援はこちら

仮想通貨24は皆さまのご支援により運営させていただいております。ご賛同いただける方は下記アドレスにお気持ちをご送信下さい。

ビットコインアドレス

1GeyoFJovZhbRTFHGM1jk7z8VtfeHg4UHX

ビットコインアドレス
(QRコード)

qrコード

広告枠について

仮想通貨24では広告枠をご提供させていただいております。 詳しくは下記からお問い合わせください。
広告枠を問い合わせる
ページ上部へ戻る