米NY州で初の仮想通貨取り扱い免許を交付

ダウンロード (12)

2015年9月22日、ニューヨーク州金融サービス局、仮想通貨ビットコインの取引所・交換業務を営む業者に対し、初となる取り扱いの免許を交付したと発表した。
ビットコインは国ごと、またアメリカにおいては州ごとに規制が異なり、ニューヨーク州では利用者保護のため今年から免許制になっていた。
交付を受けたのは米ベンチャー企業、サークル・インターネット・フィナンシャル社。ゴールドマン・サックスなどから出資た2013年設立の新興企業である。
今後、様々な国や地域が利用者がより安心し仮想通貨を利用できる仕組みを試行錯誤し、悪質な業者が安易に参入できない仕組み作りは極めて重要である。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

ピックアップ記事

  1. キャプチャ

    2015-9-10

    E-Coin、バーチャルデビットカードの無料発行に対応

  2. 11703526_10153534771854455_4135148978451406433_o

    2015-8-28

    ビットコインだけで世界一周を試みたプログラマの話

  3. 2015_07_29_083421_55b8ba3d8fd0d

    2015-7-31

    仮想通貨“ビットコイン” 法規制議論が本格化

ページ上部へ戻る