Coinbaseがビットコインに関する特許を出願

0fdab13c280ddbf4a5b23fe71bc430ed

世界28カ国に事業を展開し、世界初の政府認可取引所を立ち上げるなど勢いのあるビットコイン会社であるCoinbaseが、アメリカの特許庁に対して仮想通貨に関する特許を出願している事が報じられた。
出願日は2015年3月17日で、その内容は以下の通りである。

  • ビットコインを管理するホットウォレット
    ホットウォレットはオンラインで管理されるウォレット、逆にコールドウォレットはオフラインで管理されるウォレットを意味している。
  • ユーザー秘密鍵の管理方法
  • コールドストレージによる秘密鍵の分散法
  • 簡易交換
  • 個人のための金庫
  • Eメールアドレス宛てにビットコインを送信する技術
  • 投げ銭ボタン
  • オンチェーンと組み合わせたオフチェーントランザクション

以上の9つの出願は現在、”出願公開特許”という状態になっており、要するにまだ認可された訳ではない。
仮想通貨関連では初の出願となるため、慎重な判断をしていると思われる。

元来ビットコインは、中央機関の存在しない分散型P2P上のデータが通貨になり得るか実験的に流通し始めたものである。
手数料が安価で手軽にやり取り出来るのはその特性の現れだが、上記の様な特許が認可されれば状況は一変するだろう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

ピックアップ記事

  1. キャプチャ

    2015-9-10

    E-Coin、バーチャルデビットカードの無料発行に対応

  2. 11703526_10153534771854455_4135148978451406433_o

    2015-8-28

    ビットコインだけで世界一周を試みたプログラマの話

  3. 2015_07_29_083421_55b8ba3d8fd0d

    2015-7-31

    仮想通貨“ビットコイン” 法規制議論が本格化

ページ上部へ戻る