新たなブロックチェーン「Orb」、インフラの基盤に

fig_deadchain

新型PoS金融基盤9月28日、仮想通貨のブロックチェーン技術を応用した、コンピュータの機能をネットワークに分散させるシステム「Orb」の第一弾、「Smart Coin」のリリースイベントが、株式会社Orbにより開催されました。

Orbとは?

Orbは合理的な問題解決能力を備えるシステムです。
そのうちの一つ、今回リリースされたSmartCoinの狙いは

  • 団体とその顧客を結びつけ、双方に刺激のある経済基盤の構築
  • ドイツで成功した地域通貨「キームガウアー」を手本にした仮想通貨の流通促進

の2点です。このために、Orbと利用する団体に独自通貨を発行できるソフトウェア開発キットやOSの利用規約の提供を行います。

巨大なブロックチェーンをもつビットコインの場合、参加者の中の少数が持っている悪意は排除されるように設計されているため、不正を行うよりもコツコツとマイニングした方がより高い収入を得ることができます。
しかし企業同士の競争が起きやすく、マイニングは産業化し、いかにシェアを握るかといった構図になってしまいます。

Orbに特有なのは、小さなブロックチェーンの中で安全性を保ちつつ、一切の競争原理のない分散型のネットワークを作ることができることです
この技術が今、地方自治体や企業で用いられようとしています。

新型PoSがOrbにもたらす変化

Orbにおけるマイニングは、今までのPosを改良した新しいアルゴリズムにより、「ドローイング」という承認方法になっています。団体へのユーザー登録をすることで与えられる、orbIDと呼ばれるビットコインにおけるアドレスのようなものを使ってようやくドローイングができるようになります。
さらにOrbではスーパーピアと名付けられた発行体が、ある規則に従いこまめに「チェックポイントブロック」を挿入し、過去に遡って履歴を改ざんできないようになっています。

同社によると、この仕組みを金融基盤や車の自動運転システムに用いられているような自動制御などにも利用することを想定しているようです。
このためこの新型のPoSはますます強化されていくと思われ、今後の動きからも目が離せません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

ピックアップ記事

  1. キャプチャ

    2015-9-10

    E-Coin、バーチャルデビットカードの無料発行に対応

  2. 11703526_10153534771854455_4135148978451406433_o

    2015-8-28

    ビットコインだけで世界一周を試みたプログラマの話

  3. 2015_07_29_083421_55b8ba3d8fd0d

    2015-7-31

    仮想通貨“ビットコイン” 法規制議論が本格化

ページ上部へ戻る