ビットコインを二重支払いさせる大規模な攻撃が多発

デメリット

ここ数日、トランザクション可塑性を悪用したビットコインネットワーク全体を対象とした迷惑行為が行われていることがわかりました。
これはビットコインネットワーク全体を対象としたもので、ビットコインを使用する人全員に被害を受ける可能性があります。

どのような手口なのか?

今回の攻撃は、ビットコインの取引(トランザクション)の内容はそのままにトランザクションのIDを変えたものをネットワークに再送することができるトランザクションの可塑性を利用し、使用済みのビットコインを未使用とみなされるように仕掛けたものです。

これにより、Double Spending(二重支払い)と呼ばれる一時的にふたつの全く同じビットコインが存在する状態を作り出したのです。

ユーザーへの被害はあるのか?

結局は複数による合意がないと承認されないようになっているため、2つあるうちの正しい方のトランザクションしか残らずブロックチェーン上に支障をきたすことはありません。
また、トランザクションを変更するには個人が持つ秘密鍵の電子署名情報が不要であることから、今回のこの攻撃はトランザクションの送信者によるものではなく取引に全く無関係の何者かによるものであるとわかります。

つまり、犯人が不正にビットコインを受け取ろうとしている意図があるわけでも自分のビットコイン資産に影響があるわけでもなく、ただの迷惑行為にしか過ぎないのです。

対策

ビットコイン業界の先駆者であるピーター・ウィール氏は以前からトランザクション可塑性の解決策としてBIP62を推奨してきましたが、実際には複雑なため普及するには至っていません。

しかしこの問題の対処法はいたって簡単です。
「ビットコインの取引が行われるネットワーク上で正しいトランザクションとして承認されるのを待つ」ことです。

ここで気を付けたいのが、ゼロ承認でのビットコイン受け入れ体制をとっている企業です。
ビットコインを取引する者同士の信頼関係が保障されない限りは、ネットワーク全体による複数の合意を得るコンセンサスを用いるべきであるとされています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

取引所の登録はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ご支援はこちら

仮想通貨24は皆さまのご支援により運営させていただいております。ご賛同いただける方は下記アドレスにお気持ちをご送信下さい。

ビットコインアドレス

1GeyoFJovZhbRTFHGM1jk7z8VtfeHg4UHX

ビットコインアドレス
(QRコード)

qrコード

広告枠について

仮想通貨24では広告枠をご提供させていただいております。 詳しくは下記からお問い合わせください。
広告枠を問い合わせる
ページ上部へ戻る