ウィンクルボス兄弟が思い描くGeminiの未来とは

コネクション

「ビットコインの時価総額は1兆ドルになる」と強気の発言をしてきたウィンクルボス兄弟の Gemini Trust Companyが、3年の年月を費やしたビットコイン取引所をついに立ち上げました。
彼らは「プロダクト」「セキュリティ」「コンプライアンス」「許認可」を持ち合わせることが大事だとしていますが、一体ビットコインに何を思い、Geminiに何を期待しているのでしょうか。

Geminiの現状

 Geminiはニューヨーク金融サービス局から信託銀行としての許認可がおりたばかりですが、これによってようやくニューヨーク州の法律に準じて金融会社としてのサービスを提供できることになりました。

ETF(投資信託)の法的な部分に関してはまだ公開はしていませんが、今は実現のために全力を尽くしているようです。
Geminiではまさに人々が望んでいるものを形にして行こうとしており、仮想通貨にとらわれないあらゆるデジタル通貨に順応したサービスを提供していきたいとしています。

しかしまだまだビットコインやブロックチェーン1.0でやるべきことがたくさんあるために、まずは巨大なネットワークとインフラ構造を持ち合わせたビットコインに焦点を当てているようです。

ビットコインの有用性と今後

ウィンクルボス兄弟曰く、ビットコインは地域の需要によって異なる使い方ができるといいます。
特に、経済危機に陥っている政府や地域の通貨の価値を保つ手段として大きな役割を果たすようです。
例えば、国際送金を行う際にビットコインを使用すれば低コスト・短時間で取引を行うことができるように、です。

現時点でビットコインはインターネットにおけるブロードバンドのようなものであるとも述べており、非常に高く評価し厚い信頼を抱いていることがわかります。

Geminiを含めさまざまな企業が、これまで発展・継続してきた金融基盤とビットコインとをつなぐ架け橋をつくっている真っ最中です。
この架け橋が完成しビットコインを取り巻くインフラが開通すれば、想像以上に経済に影響を与えるものになるのではないのでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

ピックアップ記事

  1. キャプチャ

    2015-9-10

    E-Coin、バーチャルデビットカードの無料発行に対応

  2. 11703526_10153534771854455_4135148978451406433_o

    2015-8-28

    ビットコインだけで世界一周を試みたプログラマの話

  3. 2015_07_29_083421_55b8ba3d8fd0d

    2015-7-31

    仮想通貨“ビットコイン” 法規制議論が本格化

ページ上部へ戻る