リップルラボが元帳どうしをつなぐ「ILP」を発表

寄付

リップルラボは、人々の元帳どうしをつなぎ資金の移動を行う新規格「Interledger Protocol(ILP、インターレンジャー) 」を発表しました。

現状として1つの決済機関の中であれば資金の移動は一瞬のうちに行うことができますが、複数の決済機関の間での取引はコストも時間もかかってしまいます。
資金の移動の手段としては銀行やビットコインなど多数挙げられますが、これらはそれそれ単独で運用されており、複数の機関にまたがった取引はリスキーなものとされています。

ILPとは

この新規格は複数の決済システムをつなぐ決済プロトコルです。

任意の元帳を持つブロックチェーンとは違い、ILPは「コネクター」という暗号技術を持っており安全に保護された決済保全制度(エスクロー)で複数の元帳を接続します。エスクローには信頼のおける公証人を選出し行う「アトミック」、流動性を提供する仲介者が公証人となる「ユニバーサル」の2つがありますが、いずれにせよILPにおいては取引の当事者がコレクタを信頼する必要はありません。

安全な取引が可能に

このプロトコルにより元帳にアカウントをもつ人なら誰でも2つの元帳の間につながりを作ることができ、さらには安全に資金移動を行うことができるようになります。

AからBに送金するとき、今までならば最初にAが仲介システムに送金し、双方の合意が得られて初めて仲介システムからBに送金し取引が完了する仕組みでした。しかしこの場合、仲介システムが取引金を盗むことが可能でした。
一方ILPを利用すれば、A-暗号エスクロー①-仲介システム-暗号エスクロー②-Bという構造になります。この仕組みによってAの資金が暗号エスクロ―①に移動した状態で、仲介システムが暗号エスクロー②に送金する動作をしない限り取引が完了しない仕組みになります。

ILPにより決済チェーンはいくらでもつなげることができる上、異なる通貨同士の決済も自由自在とのことです。
同社はILPによってサイドチェーンを補完することができるとし、将来的にはサイドチェーンとペイパルを接続することも視野に入れています。

ILPはオープンソースで、10月下旬にもソースコードを公開するとしています。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

取引所の登録はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ご支援はこちら

仮想通貨24は皆さまのご支援により運営させていただいております。ご賛同いただける方は下記アドレスにお気持ちをご送信下さい。

ビットコインアドレス

1GeyoFJovZhbRTFHGM1jk7z8VtfeHg4UHX

ビットコインアドレス
(QRコード)

qrコード

広告枠について

仮想通貨24では広告枠をご提供させていただいております。 詳しくは下記からお問い合わせください。
広告枠を問い合わせる
ページ上部へ戻る