Blockstreamがサイドチェーン「Liquid」を発表

ビットコイン

Blockstreamは、サイドチェーンに関連する商用アプリケーション「Liquid」を発表しました。
これは、Blockstreamのオープンソースな計画としての初の商用アプリケーションです。

同社はこれまで、ビットコインを運用するうえで必要なブロックチェーンなどをつなぐサイドチェーンの開発に尽くしてきました。

Liquidとは?

今回発表されたこのLiquidは、ビットコインの取引所やウォレットサービスなどのサービス同士をつなぐサイドチェーンを構築しビットコインの取引をより高速にするサービスです。
同社によると、これをサイドチェーンの中でも最も簡単なアプリケーションだとしており、ビットコインの送金1時間から数秒に短縮できるとのことです。

用いられている技術の内容は明かされてはいませんが、今年6月に同社が発表した「Elements」の仕組みを受け継いでいるとも言われています。
この場合、クライアントはBlockstreamなどのパートナーによって作られたサイドチェーンの中のマルチシグアカウントが、自分の持つビットコイン資産を仲介して取引を行います。この時サイドチェーンによって発行されたサイドコインをビットコインに付けたものを独自の技術で認識することで、取引を承認する仕組みになっています。

実運用のためにまずはBitfinex、BTCCなどを含む5社との提携を結んでおり、2016年3月までのサービス提供開始を目指しています。

将来性は?

Liquidには将来的に機密トランザクションが組み込まれ、取引の内容を秘密にしたまま資産の移動をさせることが可能になるとのことです。

同社のCEO、オースティン・ヒル氏は他のブロックチェーンなどと比べてもサイドチェーンには安全性と分散性が保証されているとしています。
Liquidならばプロトコル層ですべての仕事ができるようになるため、他の場合ならば中央管理型になってきている今でもそれを避けつつ資産の所有権の管理を行うことができるようです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

取引所の登録はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ご支援はこちら

仮想通貨24は皆さまのご支援により運営させていただいております。ご賛同いただける方は下記アドレスにお気持ちをご送信下さい。

ビットコインアドレス

1GeyoFJovZhbRTFHGM1jk7z8VtfeHg4UHX

ビットコインアドレス
(QRコード)

qrコード

広告枠について

仮想通貨24では広告枠をご提供させていただいております。 詳しくは下記からお問い合わせください。
広告枠を問い合わせる
ページ上部へ戻る