ウォール街までもがブロックチェーンに期待している

bitcoin

アメリカの新興企業シンビオントは自社の株式へ投資された額の一部を電子化し、取引の記録が残る帳簿「ブロックチェーン」に公開しました。

現在さまざまな新興企業や取引所がブロックチェーンに注目し、可能性を探っています。

ブロックチェーン技術でどう変わるのか?

ブロックチェーン技術により所有権の証明や探索をしやすくすることで資産移動の速度を上げることができるとされるためであり、現在のローンや債券の扱い方を改善できる可能性があると見込まれています。

既にシンビオントでは独自で名づけた「スマート証券」というサービスの拡大に力を入れており、その先立ちともいえる形で自社の株式に取り入れたようです。
社員をはじめとする会社関係者の持ち株や自社株購入権を暗号化し、公開帳簿であるブロックチェーン上に記入することで永久的に情報が保存されます。
これ以降はブロックチェーン上で配当支払いなどの取引が迅速に、自動で行われるようになります。

ブロックチェーンに注目している企業は他にも

オープンな性質をもつブロックチェーンにより透明性が保証され、取引の速度も格段に上がる。
このことに可能性を見出している企業はまだまだあります。
ナスダックOMXグループやニューヨーク証券取引所などといった広く知れ渡った企業までもがその気配を見せています。

シンビオンドのCEO、マーク・スミス氏は「暗号とウォール街が合体する」と胸を張るほどで、シンビオンドの親会社であるセナヒル・パートナーズもまた同社の投資先の企業にこの制度を取り入れさせる方向を示しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

取引所の登録はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ご支援はこちら

仮想通貨24は皆さまのご支援により運営させていただいております。ご賛同いただける方は下記アドレスにお気持ちをご送信下さい。

ビットコインアドレス

1GeyoFJovZhbRTFHGM1jk7z8VtfeHg4UHX

ビットコインアドレス
(QRコード)

qrコード

広告枠について

仮想通貨24では広告枠をご提供させていただいております。 詳しくは下記からお問い合わせください。
広告枠を問い合わせる
ページ上部へ戻る