ビットコインの世界にも保険が必要だ

bitcoinと資本規制

日に日に発展を見せるビットコイン業界ですが、規制をしている箇所は少なく不安を感じてなかなか手を出せずにいる人も多いと思います。

ビットコインをはじめとする仮想通貨を取り扱う企業は、ユーザーの資金や個人情報を第一に守っていく必要があります。
1つのパスワードを様々なところで使いまわしている人は、一度どこかで流出してしまったら総倒れになる可能性もあります。
もしそれがビットコインにも及んだ場合、最悪破たん…なんてこともありうるでしょう。

ビットコインをもっと多くの人に安心して使ってもらえるようになるには、業界にもっと関連する保険があってもいいのではないでしょうか。

人々が考えるビットコイン取引所のリスク

ビットコイン取引に関わるリスクとして考えられるのは、現段階では大きく分けて3つです。

  • 業者に使い込まれて資金が消失する
  • 業者が何者かにハッキングされて資金が盗まれる
  • 個人情報が流出する

仮想通貨には激しい価格変動がつきものなため、それに対応しようと仮想通貨関連業者に資金を預けたままにしている人も多くいます。
そういった人たちがもしこのような事件に巻き込まれた場合、仮想通貨は通常通貨とは違うことから警察が動いてくれずに泣き寝入り、ということが多発しているようです。

そのために、サイバー保険

現在、お金や情報は電子化されて保管されており、企業も顧客も常にこの電子化されたデータが奪われ失うリスクを背負っています。
もし万が一そのようなことに巻き込まれた場合お金を失うのはもちろんですが、企業側は信用と仕事まで失ってしまう可能性もあります。
また、その際に企業側は顧客に代償を支払わなければならない場合もあるため窮地に陥ります。

このような損失に適用できる保険が「サイバー保険」です。
既にBitPay,Gemini,Coinbaseなどの仮想通貨取引所はこれを取り入れています。

私たちが安心してビットコイン資産を預けておける日は来るのでしょうか。
現段階では、仮想通貨を利用するときは「疑う」ことも必要かもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

ピックアップ記事

  1. キャプチャ

    2015-9-10

    E-Coin、バーチャルデビットカードの無料発行に対応

  2. 11703526_10153534771854455_4135148978451406433_o

    2015-8-28

    ビットコインだけで世界一周を試みたプログラマの話

  3. 2015_07_29_083421_55b8ba3d8fd0d

    2015-7-31

    仮想通貨“ビットコイン” 法規制議論が本格化

ページ上部へ戻る