詐欺コインに騙されないためのポイント

bitcoin

世界でビットコインが広まりを見せる中、残念なことに無価値のコインを高額で売りつける詐欺まがいの行為が多発しています。

今回は、そのような詐欺にあわないためにぜひ知っておきたいコイン選びのポイントをご紹介します。

コインの管理者を確認する

ビットコインにはコインの上限額や発行数を決める中央政府的なものがありません。その代わりにコンピュータ自身が自動でその動作を受け付けています。
ですから、ビットコイン自体に管理者はいないはずなのです。

しかし詐欺コインが摘発される多くの場合、発行に関して制限を設けている運営主体が存在しているようです。

分散型で管理する母体がないというのがビットコインの特徴。
事実、円やドルなどの通常通貨のように管理母体があるものは詐欺が起こりやすくあります。
管理母体がある=詐欺、とは言いきれませんが、管理者がいる場合はまず疑ってみるといいと思われます。

ビットコインとの優劣を比較する

よく、ビットコインよりも早く送金できるなどとうたっている場合があります。

しかしこの場合、ビットコインの方が送金の際に安全面に時間をかけている、と考えることができます。
ビットコインはこの時間で莫大な量の計算をして、二重支払いなどの可能性を減らすことを実現しているのです。

送金手数料についても持ったく同じことが言え、たとえビットコインよりも安い手数料で送金できると言ってもビットコインの手数料は安全性を確保した上での価格になっていることを忘れてはいけません。

ビットコインの価値が保証されているという説明を簡単に信用しない

詐欺コインが、1コインあたり1gの金(ゴールド)で価値を保証します、と表示されている場合です。
この場合、管理者側がコインを販売した分だけの金をきちんと保有しているのか、という証明ができないことが多いです。

価値が保証されているといいつつ、実際にはそれに相当する金はどこにも存在しなかったなんてこともあり得ます。

実際ビットコインにおいては金などで価値が保証されているわけではないので、ビットコインへの需要が0になればその価値もほぼ0になることが前提としてあります。
結局はコインの管理者に対し信用がもてるか、ということになります。

価格上昇をうたうものにも気を付けたい

詐欺コインに多いものとして、今後の価格上昇をうたっていることです。

リップルを例に挙げると、管理者側が「預かり証」を自由に発行してそれをJPYと名付けるだけで自由な価格操作が実現しています。

現在価格の上昇があっても、それが管理者の価格操作によるものであるという証拠はありません。
しかし同時に、コインの市場価値が上昇しているという証拠にもならないということは頭の片隅に置いておいてもいいでしょう。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

取引所の登録はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ご支援はこちら

仮想通貨24は皆さまのご支援により運営させていただいております。ご賛同いただける方は下記アドレスにお気持ちをご送信下さい。

ビットコインアドレス

1GeyoFJovZhbRTFHGM1jk7z8VtfeHg4UHX

ビットコインアドレス
(QRコード)

qrコード

広告枠について

仮想通貨24では広告枠をご提供させていただいております。 詳しくは下記からお問い合わせください。
広告枠を問い合わせる
ページ上部へ戻る