Mt.Gox社長、三度目の逮捕

マルクカルプレス記者会見

ビットコイン取引所を運営するマウントゴックス社長マルク・カルプレス被告が、現時点で2000万、顧客の金を横領していたという疑いが強まったようです。
警視庁は本日28日中にも、横領の容疑で再逮捕するのではないかとの見方が強まりました。

今回の逮捕は3回目

事の発端は2014年、マウントゴックスの口座から約16億円相当のビットコインが不正に引き出されていたことが発覚したことから始まりました。。
今回の逮捕は3回目で、マルク・カルプレス被告の逮捕に関するこれまでの流れはこうです。

  1. ビットコイン消失が発覚した当初は「ビットコインが盗まれた」と発言、自身の関与を否定していた
  2. 2015年8月1日、自身の口座のデータを改ざんし残高を水増しした疑いで逮捕
  3. 2015年8月21日、2013年に会社の所有するデータを改ざん、会社の口座から不正に取引先の口座に送金するなどして、
    顧客が預けた約3億2100万円もの金を着服したことが発覚、逮捕

捜査関係者によると、今回発覚した横領により盗まれた数百万もの金は、カルプレス被告により風俗店など私的な目的で試用されていたとのことです。

捜査が進むにつれてどんどん違法行為があらわになっていきます。
今後もまだまだ再逮捕があるかもしれませんね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

ピックアップ記事

  1. キャプチャ

    2015-9-10

    E-Coin、バーチャルデビットカードの無料発行に対応

  2. 11703526_10153534771854455_4135148978451406433_o

    2015-8-28

    ビットコインだけで世界一周を試みたプログラマの話

  3. 2015_07_29_083421_55b8ba3d8fd0d

    2015-7-31

    仮想通貨“ビットコイン” 法規制議論が本格化

ページ上部へ戻る