ビットコイン長者番付の1位を探る

スクリーンショット 2015-09-22 21

現在発行されているビットコインは1400万BTC以上にまで上ると言われています。
しかし、世界的に見ても1BTC以上所有している人は25万人以下。
それではいったい誰が残りのビットコインを所持しているのでしょうか。この記事ではビットコイン長者1位を探ります。

ウィンクルボス兄弟

Gemini Trust Companyを経営し、「ビットコインの時価総額は1兆ドルになる」などと強気の発言をしてきたウィンクルボス兄弟。
自ら運営するGeminiという仮想通貨取引所を世界中に広め、ビットコインをインターネット上におけるブロードバンドとして定着させようと動いています。

同兄弟は現時点までに1100万USD相当のビットコインを購入したとしています。
その当時のレートが120USDということで、現在は当時の購入価格から大幅に跳ね上がっているようです。

ロス・ウルブリヒト

裏社会のオンラインマーケットとも呼ばれる「シルクロード」の運営者、ロス・ウルブリヒト。
ビットコインを最も所持していたとも言われていますが、麻薬や不正な身分証明書の密売、マネーロンダリング、さらに犯罪的企業への従事など複数の容疑で終身刑が下されています。

ティム・ドレイパー

ベンチャー企業へ向けた投資や経営コンサルティングを行うティム・ドレイパーは、ロス・ウルブリヒトの持つビットコインを最も多く購入したとされています。
しかし彼が購入したときの価格は今の約2倍だそうで、大きな損をしていたようです。
そんなこともものともせずビットコインの将来にはかなり期待を抱いているようで、ビットコインの将来性に賭けて思い切った投資をした、といったところでしょうか。

最大保持者はいったい誰?

ここまでビットコイン長者候補を並べてきましたが、ビットコイン最大保持者は結局のところ誰なのでしょうか。
その答えは、「FBI(米連邦捜査局)」です。
FBIはロス・ウルブリヒトを逮捕した際に、シルクロードの資金、さらに本人のビットコインウォレットIDを押収しています。
ここには約30000BTC(約2000万ドル)もの残高が残っていたとされています。

シルクロードの資金を含む、もうひとつのビットコイン・ウォレットIDには、約30,000BTC(約2,000万ドル)の残高があったとされ、その総額は全部で144,000BTCとも言われています。

これでは屁理屈、とも取れますが、現段階で最も多く保有しているのはこのFBIのようです。

ビットコインの発明者、サトシナカモトは?

ビットコインの発明者と言われる正体不明の人物、サトシナカモト。
ビットコインが流通し始めた当時は100万ビットコインを所持していたとされていますが、彼はビットコインを多数のウォレットに分散させて持っています。
このことから、現段階での最多所持者はFBIになってしまうのです。

多くのビットコイン投資家も行っているようですが、それぞれのウォレットは50BTC程度で万が一ウォレットの鍵をなくしてしまったりハッキングされたとしても被害額を最小限にとどめるようにしているようです。
また、こうした方法でビットコインを所持している人が多いことからビットコインを誰がどのぐらい持っているか特定しづらい傾向があります。

今後FBIがどのように動きビットコイン長者の座がどのように移っていくのか、目が離せません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

取引所の登録はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ご支援はこちら

仮想通貨24は皆さまのご支援により運営させていただいております。ご賛同いただける方は下記アドレスにお気持ちをご送信下さい。

ビットコインアドレス

1GeyoFJovZhbRTFHGM1jk7z8VtfeHg4UHX

ビットコインアドレス
(QRコード)

qrコード

広告枠について

仮想通貨24では広告枠をご提供させていただいております。 詳しくは下記からお問い合わせください。
広告枠を問い合わせる
ページ上部へ戻る