いずれ中央銀行もブロックチェーンが必要になる?

ビットライセンスの申請費用はどのくらい?

イギリスで最大規模を誇る金融機関で、イギリスだけでなくアジアなど世界中へも展開も行う世界有数の銀行、HSBC。
同銀行は、中央銀行の行う金融政策「ヘリコプターマネー」に対しブロックチェーンが有効に機能する絶好の機会として応用を試みていることがわかりました。

金融政策「ヘリコプターマネー」とは?

「ヘリコプターマネー」というのは、簡単に言うとヘリコプターがあたかもお金をバラまくかのように中央銀行などが加減をせずに法定通貨を供給することです。

この政策が打ち出されるのは主に不況の時です。
不況になると国民に節約思考が生まれ金の巡りが悪くなるため、やがて物価が下落してデフレに陥ります。
このようなときに国民にお金を配るように発行することによってデフレの脱却を試みよう、というわけです。

この「ヘリコプターマネー」は1969年に経済学者によって提案された政策ですが、賛否両論ある考え方です。
もっとも近年では量的緩和の影響があまりないとされるため、この政策の賛成派は増えているようです。

なぜブロックチェーン技術が必要になるのか?

デフレ時にお金をばらまいてスパイラルから脱却する、といっても、中央銀行や政府は実際に経済がどの程度資金が必要なのか確実に把握することは不可能に近いです。
人間の力で「ヘリコプターマネー」を行ったとしても、結果として訪れるのは行き過ぎたインフレでしょう。

これを解決するのが取引データの保存や追跡などを得意とするブロックチェーンで、「ヘリコプターマネー」の重要基盤になるといいます。
これを基盤のシステムに組み込むことで莫大な量の取引データを蓄積したものをビッグデータとして活用し、経済の動向を予測することができるようになるようです。

このブロックチェーンは中央銀行に効率性と正確性をもたらします。
ひょっとすると、ブロックチェーンのおかげで安定した経済情勢が保てるようになる、なんてこともあり得るのかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

取引所の登録はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ご支援はこちら

仮想通貨24は皆さまのご支援により運営させていただいております。ご賛同いただける方は下記アドレスにお気持ちをご送信下さい。

ビットコインアドレス

1GeyoFJovZhbRTFHGM1jk7z8VtfeHg4UHX

ビットコインアドレス
(QRコード)

qrコード

広告枠について

仮想通貨24では広告枠をご提供させていただいております。 詳しくは下記からお問い合わせください。
広告枠を問い合わせる
ページ上部へ戻る