ビットコインの保管はどうしたらいいの?ウォレットの基本

イーベイがビットコイン導入を検討中

ビットコインが貯まったら現金と同様「保管」が必要となりますが、この保管の方法次第で詐欺や盗難に巻き込まれてしまう、なんてことがあり得ます。
今回は、この「保管」の基本とその方法について解説していきます。

ビットコイン利用者の保管の現状

ビットコインを所持している人の保管の現状としては、大方の人が取引所に預けたままのようです。
ビットコインのような仮想通貨を保管しておくものとして「ウォレット」が挙げられますが、実際には

  • ウォレットを知らない
  • ウォレットを作成したり利用するのが面倒
  • 取引所=ウォレットだと思い込んでいる

という人が多いのではないでしょうか。
現に、「ウォレット」と称して運営している取引所もあるとのこと。
これを機に「ウォレット」というものをもっと知り、自分の所持しているビットコインを適切に保管できるようにしていくべきです。

盗まれたビットコインは取り戻せない

ビットコインというものは政府の監視がないため自分で自由に使用したり貯めたりすることができます。
しかしその反面、取引所などに預けていたビットコインが盗まれた際には法的な処置を取ることができずに取り返すことができません。
ビットコインを持つ上で責任はすべて自分にあり、なにがあっても人のせいにはできないのです。

ビットコインを保管するために必要なもの

ビットコインを保管する上で最も大事なものは「秘密鍵」です。
ビットコインを保管していく上で「どのようにビットコインを扱うか」ではなく「どのように秘密鍵を扱うか」といっても過言ではありません。

「秘密鍵」というのは、ビットコインのもつアドレスに対して1つだけ定められている文字列のことで、パスワードのようなものです。
ビットコインを所持しているということはつまりこのビットコインのパスワードを持っているということになり、このパスワードが他人に流出するとビットコインが盗まれてしまいます。
例えば、銀行口座の暗証番号が他人にばれてしまい現金を抜き出されてしまうようなものです。

このような銀行口座やとある会員制サイトのアカウントと同様に、あるいはそれ以上に厳重に管理する必要があります。
例えばパソコンや携帯のメモ帳に文字列を保存しておいたり、写メで保存したりすることは危険です。
インターネットを通してハッキングされるなどして流出することがあるからです。

じゃあ、どうやってビットコインを保管したらいいのか?

ビットコインの保管は「ウォレット」が最適です。
自分の持つ端末上にインストールして管理でき、セキュリティが保管方法の中でもっともしっかりしていていると言えるでしょう。

インストールや設定などが難しいという欠点もありますが、一度インストールすれば自分の手元で管理できるため便利です。

ただし、端末の故障やウイルスの感染などにより盗まれてしまう可能性もあるため信用性は100%ではありません。
したがって多額のビットコインを1つのウォレットに保管しておくのは危険です。
このような場合のための対策としては、複数のウォレットにビットコインを分散させておくことなどが挙げられます。

またウォレットのセキュリティ面も運営するサイトの管理者に一任されるため、このウォレット選びも非常に重要です。

自分がコツコツと貯めてきたビットコインを一瞬で水の泡にしないためにも、保管方法、保管場所ともにしっかりと見極めながら保管を行っていきたいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

ピックアップ記事

  1. キャプチャ

    2015-9-10

    E-Coin、バーチャルデビットカードの無料発行に対応

  2. 11703526_10153534771854455_4135148978451406433_o

    2015-8-28

    ビットコインだけで世界一周を試みたプログラマの話

  3. 2015_07_29_083421_55b8ba3d8fd0d

    2015-7-31

    仮想通貨“ビットコイン” 法規制議論が本格化

ページ上部へ戻る