ISISは3億円以上のビットコインをもっているらしい

ビットコインの成長はインターネットの25%増の速度

先週起こったパリでのテロを受けて、ハッカー集団GhostSecはISISが仮想通貨を用いて取引を行っていることを特定しました。
GhostSecとは、国際的に匿名で活動するハッカー集団「アノニマス」の派生組織のことです。

パリ同時多発テロ概要

日本時間で14日早朝、フランスのパリで同時多発テロが起こりました。
パリの中心部に位置するコンサートホールやサッカー場、カフェなど少なくとも6か所が標的となり、自爆テロや銃の乱射により120人以上が死亡、負傷者は数百人に上ると言います。
この事件を受けてフランスの大統領は非常事態宣言を出し、世界を震撼させました。

この事件はイスラム過激派組織ISISの仕業だと特定され、10月31日に起こったロシア機の墜落事故に続いての大規模なテロであるとされています。

ISISとは?

ISISとはイラクとシリアを中心に活動するサラフィー・ジハード主義の組織で、イスラム教スンニ派の過激派組織です。

ISISはこれまで世界中の人々を誘拐し、そのたびに被害者の国に身代金を要求してきました。
この身代金はテロを起こすための資金としているとされています。
また誘拐した人を銃殺や斬首など、残虐な方法で殺害することもあります。
これはイラク戦争においてイラク兵、つまりイスラム教徒に向けてアメリカ軍が虐殺を行ったことに対する復讐心によるものだという見方があります。

最近ではその標的を世界中へと広げており、今後の世界の治安の動向が心配されています。

ビットコインが裏社会で利用される理由

今回ISISが巨額の仮想通貨をもっていると特定されましたが、その総額は3億円以上と言われています。
この仮想通貨で、おそらく武器の売買やテロ資金の収集などが行われています。

この背景としては、ビットコインをはじめとする仮想通貨が政府による検閲を受けないことが挙げられます。
テロに向けて資金の提供を行うことは許されることではありませんが、この仮想通貨さえあればそれが容易にできてしまうのです。

しかしこれを受けて仮想通貨が一概に悪いものであるとは断定はできません。
もちろん寄付などを通して困っている人々を助けたりすることも可能なのです。

今後世界をより良く変えていけるかもしれないビットコインによって、このような悲惨な事件が起こらないことをただただ祈るばかりです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

取引所の登録はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ご支援はこちら

仮想通貨24は皆さまのご支援により運営させていただいております。ご賛同いただける方は下記アドレスにお気持ちをご送信下さい。

ビットコインアドレス

1GeyoFJovZhbRTFHGM1jk7z8VtfeHg4UHX

ビットコインアドレス
(QRコード)

qrコード

広告枠について

仮想通貨24では広告枠をご提供させていただいております。 詳しくは下記からお問い合わせください。
広告枠を問い合わせる
ページ上部へ戻る