大学校内選挙にブロックチェーン技術を適用

koinify

アメリカのウエストバージニア州にあるウエストバージニア大学は、生徒会長や副生徒会長など校内役員を決める選挙にブロックチェーンの技術を導入する計画を立てていることがわかりました。

ブロックチェーン導入計画の概要

この計画では、既存の投票設備に変わってipadで投票を行うようにするようです。
ipad用にブロックチェーン技術を基にした選挙システムのアプリケーションを開発、実用を行います。

もしこの実用が叶った際には、既存の選挙設備をレンタルするよりも開発費用など含め5000~7000ドルもの経費削減につながるとの見通しです。

導入の目的は?

導入の目的としては、主に以下のことが挙げられます。

  1. コスト削減
    前段で挙げたように選挙を行う設備にかかる費用が削減できます。
    さらには監督者や集計委員などさまざまな箇所に配置された人の人件費などもかける必要がなくなります。
  2. 集計時間の短縮
    これまでに集計を人の手によって行っていた場合、すべて端末に任せることによって莫大な量の投票の集計にかかる時間が短縮されます。
  3. 不正・改ざんの防止
    ただひたすら機械にに集計を任せるので、人の気持ちに左右されずに不正を防止することができます。
    さらにブロックチェーンを用いているため、記録にすべて残ります。あとから消したり書き換えたりすることができなくなるため有効でしょう。

このシステムは既にテストを行うところまで来ており、現段階では不正の可能性はゼロとのことです。

この技術は国や地方の選挙にも適用できるでしょう。
国民が自由に政治に参加し、意見が反映されるようになるためにも非常に効果的なものとなるのではないでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

取引所の登録はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ご支援はこちら

仮想通貨24は皆さまのご支援により運営させていただいております。ご賛同いただける方は下記アドレスにお気持ちをご送信下さい。

ビットコインアドレス

1GeyoFJovZhbRTFHGM1jk7z8VtfeHg4UHX

ビットコインアドレス
(QRコード)

qrコード

広告枠について

仮想通貨24では広告枠をご提供させていただいております。 詳しくは下記からお問い合わせください。
広告枠を問い合わせる
ページ上部へ戻る