世界一小さな王国がビットコインを自国通貨に認定

バチカン市国は世界一小さな国家として有名ですが、ポルトガルのマデイラ諸島にある世界一小さな王国「Phontina」は世界で初めてビットコインを自国通貨として承認しました。

あまり聞いたことのない王国ですが、それは「国民が国王を含めて4人しかいない」からです。
※もちろん正式な国家とは認められていません。

遡ること100年前、この国はポルトガル国王の所有物でしたが、14年ほど前から25,000ユーロで売り出される事になりました。
ポルトガル出身で美術教師であるRenato Barrosさん(56)はこれを購入し、この国の王子となったという訳です。

他の国に影響を及ぼすほどのニュースではありませんが、ビットコインの普及という点では話題性十分といったところでしょうか。
今後もこのような話題が増え、一般の人々へも暗号通貨の理解が深まって欲しいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

取引所の登録はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ご支援はこちら

仮想通貨24は皆さまのご支援により運営させていただいております。ご賛同いただける方は下記アドレスにお気持ちをご送信下さい。

ビットコインアドレス

1GeyoFJovZhbRTFHGM1jk7z8VtfeHg4UHX

ビットコインアドレス
(QRコード)

qrコード

広告枠について

仮想通貨24では広告枠をご提供させていただいております。 詳しくは下記からお問い合わせください。
広告枠を問い合わせる
ページ上部へ戻る