株式会社Nayutaがブロックチェーン×IoT新製品を発表

koinify

日本の福岡県を拠点としながらIoT(モノのインターネット)関連の事業を取り扱う企業、株式会社Nayutaが新製品を発表しました。
それも、現在話題になっているブロックチェーン技術を用いて使用権をコントロールできる電源ソケットのコンセプトを保証するもの。

ブロックチェーン×IoT

IoT(モノのインターネット)というのは、あらゆるモノがインターネットに接続されることによって新しい価値を見いだせるようになることを指しています。

最近ではビットコイン関連技術であるブロックチェーン技術に非常に高い注目が集まっています。
とりわけ非金融分野の中でもIoTへの関心は高まってきており、セキュアな価値を生み出すことができるといいます。

今年初めにはIBMより環境センサに仮想通貨を埋め込んだ「Device Democracy」が発表されたり、プライベート・ブロックチェーンよりオペレーティングシステムの普及をサポートする「Linux Foundation」が発表されたりしています。

今回発表された製品は?

今回発表されたのは、電源ソケットのプロトタイプ。
Open Assets Protocolを利用しているため、この電源ソケットを持っている人がユーザーに対して日時指定をして使用権を与えることができます。

利用方法は実に簡単で、

  1. 詳しく日時指定した使用トークンを作成
  2. そのトークンを専用アプリを通じてユーザーのスマートフォンに送信
  3. スマートフォンと電源ソケットの間でBLE通信
  4. 電気ソケット使用可能

というような手順です。

カフェや会議室、マンションの共有スペースなどへの利用が考えられており、これによってより充実した社会インフラが構築されるとのことです。

今後も製品がぞくぞく登場

同社は今後もブロックチェーン関連の技術をリリースしていく予定があるようで、スマホアプリや商品開発を行うクライアント向けの内蔵基盤ボード「Nayutaボード」などを提供するとのこと。

日本でもブロックチェーン技術の普及が見られるようになり、今後私たちの生活がより一層充実していくことが期待できそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

ピックアップ記事

  1. キャプチャ

    2015-9-10

    E-Coin、バーチャルデビットカードの無料発行に対応

  2. 11703526_10153534771854455_4135148978451406433_o

    2015-8-28

    ビットコインだけで世界一周を試みたプログラマの話

  3. 2015_07_29_083421_55b8ba3d8fd0d

    2015-7-31

    仮想通貨“ビットコイン” 法規制議論が本格化

ページ上部へ戻る