ビットコインで融資するP2Pレンディングとは?

bitbond-facebook-img-425df18d05eb174a10b233be2c872d33

ビットコインを使った金融取引のうち、P2Pレンディングが話題になっています。
P2Pレンディングとは、オンライン上で借り手と貸し手を直接結びつける事で中抜きのない融資を行うシステムの事です。

「ビットコインで融資なんてリスクが高すぎる」と思われるかもしれませんが、リスクは確かに高く金利も20%前後と高めになっています。それでも需要がある理由は、基本的に米ドル建てで行われるためにビットコインの価格変動に左右されない様になっていることが大きいでしょう。

また、借りてユーザーのほとんどはビットコイン自体に興味があるビットコインユーザーではなく、クレジットカードなしでも決済手段が必要な人々だという事です。
P2Pレンディングを提供しているBitbondが公開している情報を見る限り、やはり債務不履行の割合が高くなっていますので、必要が無ければ利用しない方がいいかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

取引所の登録はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ご支援はこちら

仮想通貨24は皆さまのご支援により運営させていただいております。ご賛同いただける方は下記アドレスにお気持ちをご送信下さい。

ビットコインアドレス

1GeyoFJovZhbRTFHGM1jk7z8VtfeHg4UHX

ビットコインアドレス
(QRコード)

qrコード

広告枠について

仮想通貨24では広告枠をご提供させていただいております。 詳しくは下記からお問い合わせください。
広告枠を問い合わせる
ページ上部へ戻る