ShapeShiftを装う詐欺サイトにご注意を!

新世代を担うビットコインの有意義な使い方3選

仮想通貨の自動販売機サービスを提供しているShapeShiftを装った詐欺サイトがあるとの報告があるようです。
その名も「ShapeShit」です。

元ネタとなっているShapeShiftとは?

この「仮想通貨の自動販売機サービス」とはどういうものなのでしょうか。

このShapeShiftというのは、アカウント作成の必要がない取引所です。
たいていの仮想通貨の取引所にはアカウントが必要となりますが、ここではそれが必要ありません。

交換レートはShapeShift側が掲示しており、30秒ごとに更新されていきます。
また、マイニングに要する手数料のほかサービス手数料や交換手数料などもかからない、という点も特徴です。

現時点では25もの仮想通貨の取引に対応しており、仮想通貨のメインとも呼ばれるところをほぼカバーしているほどです。

間違えないために気を付けたい点

今回発覚した詐欺サイト「ShapeShit」ですが、見た目で異なっているのはURLのみ。
サイト自体の作りは「ShapeShift」と全く一緒のようです。

ここで、「Shapeshift」を使って取引を行いたい方に3つのポイントを紹介します。

  • URLが”http”から始まっているかどうか確認しましょう。セキュリティが確保されているものであれば、”https”となっているはずです。
  • URLを細部まで確認しましょう。偽サイトは”ShapeShift”ではなく、”ShapeShit”となっています。
  • デポジットの上限額をチェックしましょう。偽サイトは100BTC以上のデポジットが可能になっています。

以前にもTwitterなどで詐欺のアカウントが出現し、ビットコインを要求するようなものが発生していたようです。
ビットコインをはじめとする仮想通貨の普及によってこういった詐欺行為も増えていくと予想されます。
情報収集はしっかりと行い、しっかりと信用できる機関を利用することをおすすめします。

ShapeShiftのページはコチラ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

ピックアップ記事

  1. キャプチャ

    2015-9-10

    E-Coin、バーチャルデビットカードの無料発行に対応

  2. 11703526_10153534771854455_4135148978451406433_o

    2015-8-28

    ビットコインだけで世界一周を試みたプログラマの話

  3. 2015_07_29_083421_55b8ba3d8fd0d

    2015-7-31

    仮想通貨“ビットコイン” 法規制議論が本格化

ページ上部へ戻る