ビットコインとクレジットカードの3つの違い

ビットコイン支払い

仮想通貨をたとえるのに、実態のない電子マネーが引き合いに出されることは多い。
また同様に、時折クレジットカードも引き合い出されることがある。
しかし、現実には様々な点で異なるため同義としてとして扱うことはできない。

そこでビットコインの電子マネーやクレジットカードなどとは異なる支払い方法の特徴を見てみよう。

  • 支払い方法はP2Pの2者間のみで完了
    仮想通貨はクレジットカード会社どころか、銀行も介さないシステムとなっている。
  • 手数料は極小
    購入者には請求されないことになっているので実感する事はないかもしれないが、クレジットカードで決済すると販売店が決済手数料を支払う事になっている。
    一方ビットコインの送金は数円程度の手数料となっている。
  • 譲渡可能
    人に譲ってもらう事が可能という点では普通の通貨と同じ感覚で扱える。
  • 前もって購入する必要がある
    通貨として取り扱われるため、日本円をドルに両替するように前もって購入しておく必要がある。
    この点は電子マネーの感覚と近いかもしれない。
    クレジットカードで購入出来るサービスもかつてはあったが、閉鎖しているケースがほとんどだ。
    (Paypalを経由して間接的に購入する方法は存在する。)

いずれも電子マネーやクレジットカードとの比較であるが最大の特徴はP2Pでの決済であろう。
これはビットコインなどの仮想通貨であれば同様で、速い上に匿名で、その上セキュリティも守られた決済が可能だ。
現状、はっきりとメリットが際立つのは海外送金ぐらいだが日本での認知度や利用者も徐々に増えている。

そんな”万国共通の次世代通貨”としてのビットコインは、今後も勢いを増すであろう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

ピックアップ記事

  1. キャプチャ

    2015-9-10

    E-Coin、バーチャルデビットカードの無料発行に対応

  2. 11703526_10153534771854455_4135148978451406433_o

    2015-8-28

    ビットコインだけで世界一周を試みたプログラマの話

  3. 2015_07_29_083421_55b8ba3d8fd0d

    2015-7-31

    仮想通貨“ビットコイン” 法規制議論が本格化

ページ上部へ戻る