ビットコインを支える”ブロックチェーン技術”のスゴさとは

技術

近年話題となっている仮想通貨だが、「実態のないデータに金銭的な価値がある」と言われても実感の沸かない方がほとんどだろう。
購入した事のある方でも、「所詮はデータにすぎないにも関わらず、何故通貨としての価値を持つか?」と聞かれると答えに困る方も多いだろう。

その答えには様々な説があるが、最も納得しやすい答えは「素晴らしい技術の元に成り立っているから」だろう。
素晴らしい技術というのは、少しビットコインについて調べた事のある方なら目にするであろう”ブロックチェーン”である。

ブロックチェーン技術とは?

ビットコインは中本哲史なる謎の人物の論文が元になって出来たオープンソースのシステムで運用されている。
(※ちなみに現在もナカモトサトシ氏の素性は明らかになっていない。)
ブロックチェーンはその論文に記載されていた技術だ。
あるサイトではこんな説明がされている。
(ビットコインのブロックチェインの技術的な説明 まとめより引用)

  • わかりやすい説明では、ビットコインの取引帳簿と言われる
  • ブロックを鎖のようにつなぎあわせたもの
  • ブロックには、トランザクションが入っている
  • 改ざんしにくくするため、次のブロックに自分のブロックのハッシュ値を入れている
  • 一つのブロックを改ざんすると、次のブロック内のハッシュ値も変わり、それに続く全てのハッシュ値が変わる。
  • P2Pでは、同時にデータが更新されたりするため、一つのブロックから、いくつかのブロックに枝分かれ(フォーク)する可能性があるが、一番長い枝を正しい枝とする

これでもなんの事か分かる方は少ないのではないだろうか?
要するに「多重支払いと改ざんに対する、素晴らしい防止策」である。
P2P、つまり支払う人と受け取る人の2者だけで取引を完結させるには、この防止策が必須だったのである。

「匿名性と速い決済スピードを保ちつつ、改ざんもない」という当たり前の様でとても難解な課題をクリアしたのだ。
(正確には全利用者の半分以上が改ざんしようとすれば出来る仕様だが、そんな事は滅多に起こるものではない。)
データでありつつも所有権を明示し、その明示された所有権がないものは使用ができない仕組みを作り出した。

この革新的な技術は「ビットコイン2.0」として暗号通貨の発展に受け継がれるばかりか、
各国のメガバンクまでも注目し証券や決済などあらゆる分野への導入を検討している。
普通の通貨でもブロックチェーンによる決済が可能になる日も近いのかもしれない。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

取引所の登録はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ご支援はこちら

仮想通貨24は皆さまのご支援により運営させていただいております。ご賛同いただける方は下記アドレスにお気持ちをご送信下さい。

ビットコインアドレス

1GeyoFJovZhbRTFHGM1jk7z8VtfeHg4UHX

ビットコインアドレス
(QRコード)

qrコード

広告枠について

仮想通貨24では広告枠をご提供させていただいております。 詳しくは下記からお問い合わせください。
広告枠を問い合わせる
ページ上部へ戻る