ビットコインやリップルの技術を導入検討している金融関係者が激増

bitcoin-hp-research-header

イギリスの研究機関グリニッチアソシエイツの調査によると金融機関に籍を置く投資家、証券取引所などのじつに47%がブロックチェーン技術の導入を検討しているという現状が浮かび上がった。

実際に同調査ではすでに17%は現在研究中と答え、両者合わせるとすでに過半数の金融機関がブロックチェーンに対してアクションをとっていることになる。

ただし、今回の回答結果において主たる目的はビットコインそのものの利用ではなかった。
金融機関の関心はどちらかというと「リップル」に注目されているようだ。リップルを用いた「資産の集約」に関しての研究が主な研究と言えるようだ。

では何故、ビットコインではなくリップルに注目が集まっているのだろうか?
主な理由はリップル自体はビットコインの欠点を補った暗号通貨で単一の通貨と言うわけではなくドル、ユーロ、円などとして保全できるからです。

そしてGoogleを筆頭に多くのベンチャーキャピタルが出資をしておりその期待の高さがうかがえます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

取引所の登録はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ご支援はこちら

仮想通貨24は皆さまのご支援により運営させていただいております。ご賛同いただける方は下記アドレスにお気持ちをご送信下さい。

ビットコインアドレス

1GeyoFJovZhbRTFHGM1jk7z8VtfeHg4UHX

ビットコインアドレス
(QRコード)

qrコード

広告枠について

仮想通貨24では広告枠をご提供させていただいております。 詳しくは下記からお問い合わせください。
広告枠を問い合わせる
ページ上部へ戻る