分散型ビットコイン取引所の「Coinffeine」がβ版リリース

coinffeine

従来のビットコイン取引所は集中型である。
集中したサーバーの中にビットコインデータを格納している。
マウントゴックス事件においてはその集中型の管理が故に不正取引などを可能にした経緯もある。

そこで分散型としてトレードシステムと資産の管理システムを分け安全性を高めたのが今回の「Coinffeine」ひとつのアピールポイントだ。

ビットコインをネットワーク上に置くことは危険にさらされた状態で100%の安全は確保できない。
もちろん分散型においても100%の実現は難しいだろうが集中型の管理よりは格段に安全性は上がる。
そのことでも「Coinffeine」の存在意義は高い。そしてこの「Coinffeine」は既存の決済システムとの連携をめざしている。具体的にはPayPalやAirpayといった類いのものだ。
こういった既存の決済システムと連携することでユーザーの利便性は格段に上がるだろう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

ピックアップ記事

  1. キャプチャ

    2015-9-10

    E-Coin、バーチャルデビットカードの無料発行に対応

  2. 11703526_10153534771854455_4135148978451406433_o

    2015-8-28

    ビットコインだけで世界一周を試みたプログラマの話

  3. 2015_07_29_083421_55b8ba3d8fd0d

    2015-7-31

    仮想通貨“ビットコイン” 法規制議論が本格化

ページ上部へ戻る