ビットコイントレードはFXより危険!?

デメリット

前回の記事ではビットコイントレードの魅力について書きました。

非常に価格流動性が高く投機目的の方には魅力的な対象に見えるでしょう。
ただ、その分リスクもありますので今回はリスクについて書いてみます。

ビットコイントレードのリスクは極めて流動性が低いことです。

価格流動性は高いのですがその総量は少ないです。
すなわち市場規模が限られていると言うことです。

元々2100万枚と流通量が決まっているビットコイン。

世界全体のビットコイン市場は月間約2500億円と言われており国内FX市場規模529兆円の約2000分の1の規模です。
現物株式においてもみずほファイナンシャルの取引規模だけでも1兆6千億円ほどありますからいかに小さな市場か分かると思います。 しかもビットコインの総量は決まっていますから規模としては限られてしまいます。

逆に言うとその限られた通貨を取り合うわけですから必然的に値が上がる可能性もあります。その辺りが投機目的のユーザーのよりどころなのかもしれません。

またもう一つのリスクは取引所のリスクです。 先日のマウントゴックスの事件と同様に取引所に資産を預けておくのは危険な場合もあります。 不正をしなくとも経営状態が健全でないと自身のビットコインが危うくなります。

このようなリスクが少なからずともありますからその辺りを考慮してトレードを行う必要があります。
今はまだ「FXより危険!?」何てことも言われますがそれでも数年後には株式やFXと同じように取引をすることになるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

取引所の登録はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ご支援はこちら

仮想通貨24は皆さまのご支援により運営させていただいております。ご賛同いただける方は下記アドレスにお気持ちをご送信下さい。

ビットコインアドレス

1GeyoFJovZhbRTFHGM1jk7z8VtfeHg4UHX

ビットコインアドレス
(QRコード)

qrコード

広告枠について

仮想通貨24では広告枠をご提供させていただいております。 詳しくは下記からお問い合わせください。
広告枠を問い合わせる
ページ上部へ戻る