ビットコイン

ビットコインはしばしば「未来の通貨」と呼ばれることがある。
ビットコインをはじめとする仮想通貨界隈は日々進化し続けている。

そんなビットコインが未来に与える役割とはどんなことだろうか?

世界初のP2P通貨システム

通貨は世界共通ではない。 格差がありその国独自のシステムを構築している。

そんな壁を易々と取り払ってしまうのがP2P取引によるビットコインだ。
デジタル通貨には現物は必要ない。

ブロックチェーン技術

ビットコイン技術の中核「ブロックチェーン」 全ての取引の追跡を可能にし様々な通貨への対応が可能だ。
オーストラリア、ドイツ、イギリスなどすでに多くの国がその技術の研究に本腰を入れている。

新たな支払い方法の創造

マイクロペイメントは従来からの支払い手段だがその手段にビットコインを用いる試みも行われている。
動画配信においてビットコイン2.0をベースとした新たなマイクロペイメントサービス「Stremium」というサービスも開始している。
ビットコインで動画配信という新しい試み「Streamium」 | 仮想通貨24

資産移動の新しい手段

現時点では資産の移動においては税金などの制約があるがビットコインならその制約は取り払われる。
もちろん不当に税金を逃れるような手段としての使用は認められないが移動コストは極小に抑えられる。

いくつかの例だがビットコインの信頼性が正当にあがればこのような市場は大いに開拓され様々な役割を担うことだろう。
今はまだ、(日本では)正当な通貨としての認可はないがいずれ同様な試みが行われビットコイン、ブロックチェーンの技術の正当な評価が下されるだろう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

ピックアップ記事

  1. キャプチャ

    2015-9-10

    E-Coin、バーチャルデビットカードの無料発行に対応

  2. 11703526_10153534771854455_4135148978451406433_o

    2015-8-28

    ビットコインだけで世界一周を試みたプログラマの話

  3. 2015_07_29_083421_55b8ba3d8fd0d

    2015-7-31

    仮想通貨“ビットコイン” 法規制議論が本格化

ページ上部へ戻る