ライトコインとビットコインの違いについて

ライトコイン

ライトコインはビットコインの改良版という目標を持って維持されています。
ただ、ビットコインよりも大きくなろうという気概よりも足りなうところを補うというスタンスです。

発行通貨はビットコインの4倍8400万枚と他の仮想通貨と比較しても発行量は多いです。
(リップルは1億XRPとなっているが本質的にちょっと違う)

ライトコインは元Googleのチャーリー・リーにより作られました。

ライトコインがビットコインと比べて大きく異なるのは以下の2点
・採掘はビットコインよりハードルが低い。
・取引時間が短い。

採掘に関してはビットコインと同様ですがそのPCの能力はやや低くても充分戦える市場です。
そこそこのスペックのPCであれば1日0.15LTC(約600円)程度の採掘が可能なこともあるようです。

また取引時間も約4分の1となっています。

Litecoin – オープンソースP2Pデジタル通貨

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

取引所の登録はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ご支援はこちら

仮想通貨24は皆さまのご支援により運営させていただいております。ご賛同いただける方は下記アドレスにお気持ちをご送信下さい。

ビットコインアドレス

1GeyoFJovZhbRTFHGM1jk7z8VtfeHg4UHX

ビットコインアドレス
(QRコード)

qrコード

広告枠について

仮想通貨24では広告枠をご提供させていただいております。 詳しくは下記からお問い合わせください。
広告枠を問い合わせる
ページ上部へ戻る