ビットコイン関連会社が続々とニューヨークでのサービス停止

ビットライセンス

ニューヨークのビットコイン関連のベンチャーが続々とニューヨークからの撤退やサービス停止を決めている。
この撤退やサービスの停止に至る背景にはニューヨーク州の進める「ビットライセンス」がある。
ビットライセンスはビットコインの取引所を免許制にしようというもの。
しかも、ライセンスの取得に5,000ドルが必要だという。

このビットライセンスはニューヨークでビットコインを扱う業者をライセンス制にしようというもので、しかもそのハードルは高い。

これを受けニューヨークからの撤退もしくはサービス停止を発表している企業は現時点で6社となっている。
結果的にニューヨークのビットライセンスに「No」を突きつけた格好だ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

取引所の登録はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ご支援はこちら

仮想通貨24は皆さまのご支援により運営させていただいております。ご賛同いただける方は下記アドレスにお気持ちをご送信下さい。

ビットコインアドレス

1GeyoFJovZhbRTFHGM1jk7z8VtfeHg4UHX

ビットコインアドレス
(QRコード)

qrコード

広告枠について

仮想通貨24では広告枠をご提供させていただいております。 詳しくは下記からお問い合わせください。
広告枠を問い合わせる
ページ上部へ戻る