マウントゴックス社長 ビットコイン消失事件で立件へ

マウントゴックス社長謝罪会見

マウントゴックス社長 ビットコイン消失事件でいよいよ立件へ

昨年の大事件「ビットコイン消失事件」では
「ビットコインがいなくなった」の迷言で話題となったMt.Gox(マウントゴックス)社長のマーク・カルプレス

当時から内部での不正操作が指摘されていたが社長自身がその操作を行った可能性がでてきた。

警視庁が「私電磁的記録不正作出・同供用容疑」で氏を立件する方針であることが30日に明らかになった。

日本での仮想通貨が危ないというイメージを定着させてしまったマウントゴックス、その代償は大きい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

ピックアップ記事

  1. キャプチャ

    2015-9-10

    E-Coin、バーチャルデビットカードの無料発行に対応

  2. 11703526_10153534771854455_4135148978451406433_o

    2015-8-28

    ビットコインだけで世界一周を試みたプログラマの話

  3. 2015_07_29_083421_55b8ba3d8fd0d

    2015-7-31

    仮想通貨“ビットコイン” 法規制議論が本格化

ページ上部へ戻る