フィンランドではビットコインが非課税対象に分類

フィンランドではビットコインが非課税対象に分類

EUはビットコインの導入に消極的な地域である。
ある程度は認めている国においても課税対象となりスウェーデンでは20%VAT(付加価値税)が加算されている。
イギリスではキャピタルゲイン税として課税対象になっている。
いずれも通貨としては認めないという考えだ。

しかし、今回のフィンランド税務局の決定は逆の判断となった。
ビットコインを非課税対象としたのだ。
これは暗にビットコインを決済手段として承認したことになる。

今回の決定はいままでビットコインの対応として各国の枠組みが整備されていない中での不整合を解消することになるのだろうか。
アメリカのように新しい仕組みや技術を推進するような動きをとることで欧州内でもこういった動きが活発なることを願う。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

取引所の登録はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ご支援はこちら

仮想通貨24は皆さまのご支援により運営させていただいております。ご賛同いただける方は下記アドレスにお気持ちをご送信下さい。

ビットコインアドレス

1GeyoFJovZhbRTFHGM1jk7z8VtfeHg4UHX

ビットコインアドレス
(QRコード)

qrコード

広告枠について

仮想通貨24では広告枠をご提供させていただいております。 詳しくは下記からお問い合わせください。
広告枠を問い合わせる
ページ上部へ戻る