ベネズエラでハイパーインフレの結果、ビットコインユーザーが倍増

ベネズエラでハイパーインフレの結果、ビットコインユーザーが倍増

金融危機の際に仮想通貨が注目を浴びる。
ギリシャの件でもそうだったが同じようなことがベネズエラでもおこっている。
ベネズエラはここ数年インフレが強く2014年は68%だったが2015年は70%を超える予想もある。

インフレが起こることで自身の資産価値が目減りしていくのは否めない。
そこでベネズエラの人々が最初に注目したのがドル(USD)などの国外通貨の購入だ。
しかし、外国通貨の購入は政府により厳しい規制がかかっている。
そこでビットコインの登場である。
基本的にビットコインでもっていればいずれ落ち着いたときに相応の価値として売ることができる。

結果、ベネズエラでのビットコインのユーザーが倍増している。
中央集権システムではなく分散化のメリットを享受する形になる。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

ピックアップ記事

  1. キャプチャ

    2015-9-10

    E-Coin、バーチャルデビットカードの無料発行に対応

  2. 11703526_10153534771854455_4135148978451406433_o

    2015-8-28

    ビットコインだけで世界一周を試みたプログラマの話

  3. 2015_07_29_083421_55b8ba3d8fd0d

    2015-7-31

    仮想通貨“ビットコイン” 法規制議論が本格化

ページ上部へ戻る