【悲報】ビットコインが犯罪に使われる事件が増加傾向

bitcoin-dead

最近の犯罪において犯人が金銭を要求する局面でビットコインを指定する事案が増えているらしい。
確かにビットコインはネット上での送金が完了するため受け渡しのリスクが少ない。
また、通常の銀行での送金よりも身元がバレにくいというイメージがある。

今回、オランダで連続してスーパーマーケットが爆破されるという事件が起こった。
爆破は今年5月頃から連続しており犯人はビットコインを要求。
要求のビットコインが支払われるまで爆破を続けるという声明を出している。

仮想通貨はその特性から実際にこういった犯罪に使われることが予測されるが例えばビットコインのブロックチェーンに関して言えば追跡は可能で、現金化する際に犯人が割れる可能性はある。
また、トラッキングできることを逆に考えれば換金の承認時に網にかかることも考えられる。
いずれにしても警察側に相応の技術者がいてマネーロンダリング対策などの適切な処置を取ればという前提だが。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

取引所の登録はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ご支援はこちら

仮想通貨24は皆さまのご支援により運営させていただいております。ご賛同いただける方は下記アドレスにお気持ちをご送信下さい。

ビットコインアドレス

1GeyoFJovZhbRTFHGM1jk7z8VtfeHg4UHX

ビットコインアドレス
(QRコード)

qrコード

広告枠について

仮想通貨24では広告枠をご提供させていただいております。 詳しくは下記からお問い合わせください。
広告枠を問い合わせる
ページ上部へ戻る