仮想通貨の歴史をおさらい

仮想通貨の歴史をおさらい

仮想通貨の先駆はビットコインでしょう。
2009年にこの世に誕生したと言われています。
しかし、このビットコインの生みの親は実はハッキリ分かっていません。
本格的に流通したのは2010年頃のようです。

そしてその姿が大きく世の中に出始めたのは2013年頃でしょうか

ビットコインの単位はBTCですが
2009年頃は1BTC=1円以下でした

ところが最近は1BTC=35000円となっています。
それでも2013年頃は1BTC=10万円を超えるものもあったようです。

2014年ビットコイン消失事件ころから値は下がり
今は3万円程度となっています。

画像出典:約300ドル(3万円超)

また、このビットコインを筆頭に様々な仮想通貨が作られ今では80種類以上もの通貨が流通しています。

リップルもそのひとつです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

ピックアップ記事

  1. キャプチャ

    2015-9-10

    E-Coin、バーチャルデビットカードの無料発行に対応

  2. 11703526_10153534771854455_4135148978451406433_o

    2015-8-28

    ビットコインだけで世界一周を試みたプログラマの話

  3. 2015_07_29_083421_55b8ba3d8fd0d

    2015-7-31

    仮想通貨“ビットコイン” 法規制議論が本格化

ページ上部へ戻る