進化するブロックチェーン技術を選挙などに応用するメリット

進化するブロックチェーン技術を選挙などに応用するメリット

昨今、ビットコインやブロックチェーン技術が脚光を浴びている。
実際に世界中の金融機関や政府が関心を持ち研究を始めているという話はよく聞く
そんなブロックチェーン技術を別のものに利用することもいろいろ考えられている。
BITNATIONはそんなブロックチェーンの集大成のような仮想国家だ。
そこでは婚姻や土地管理、国民のIDなど様々なものをブロックチェーンで管理している。

そんなブロックチェーン技術を選挙に応用してみてはどうだろうか?
選挙は民主主義の国であるかぎりは切っても切れないものである。
しかし、その労力は相当なものだ。
20歳以上の国民全員にはがきを出し、受付をし投票結果はその日のうちに集計する。
大半の作業はコンピューター化されているが投票の集計だけは未だに手作業だ。
電子投票も一部では開始されたが今ひとつ分かりにくい。
マークシートでもいいだろうが結局ほとんどの作業負荷は変わらない。

で、あれば選挙自体をブロックチェーン技術を応用し行ってしまうと言うのはどうだろうか。
その投票は全てにおいて裏付けの承認作業が行われ集計も手作業よりは圧倒的に早いはずである。

しかも、いい意味で分散化されているので思惑が入らないし、不正もできない。
そんな未来の選挙もアリだと思う。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

取引所の登録はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ご支援はこちら

仮想通貨24は皆さまのご支援により運営させていただいております。ご賛同いただける方は下記アドレスにお気持ちをご送信下さい。

ビットコインアドレス

1GeyoFJovZhbRTFHGM1jk7z8VtfeHg4UHX

ビットコインアドレス
(QRコード)

qrコード

広告枠について

仮想通貨24では広告枠をご提供させていただいております。 詳しくは下記からお問い合わせください。
広告枠を問い合わせる
ページ上部へ戻る