進化するブロックチェーン技術を選挙などに応用するメリット

進化するブロックチェーン技術を選挙などに応用するメリット

昨今、ビットコインやブロックチェーン技術が脚光を浴びている。
実際に世界中の金融機関や政府が関心を持ち研究を始めているという話はよく聞く
そんなブロックチェーン技術を別のものに利用することもいろいろ考えられている。
BITNATIONはそんなブロックチェーンの集大成のような仮想国家だ。
そこでは婚姻や土地管理、国民のIDなど様々なものをブロックチェーンで管理している。

そんなブロックチェーン技術を選挙に応用してみてはどうだろうか?
選挙は民主主義の国であるかぎりは切っても切れないものである。
しかし、その労力は相当なものだ。
20歳以上の国民全員にはがきを出し、受付をし投票結果はその日のうちに集計する。
大半の作業はコンピューター化されているが投票の集計だけは未だに手作業だ。
電子投票も一部では開始されたが今ひとつ分かりにくい。
マークシートでもいいだろうが結局ほとんどの作業負荷は変わらない。

で、あれば選挙自体をブロックチェーン技術を応用し行ってしまうと言うのはどうだろうか。
その投票は全てにおいて裏付けの承認作業が行われ集計も手作業よりは圧倒的に早いはずである。

しかも、いい意味で分散化されているので思惑が入らないし、不正もできない。
そんな未来の選挙もアリだと思う。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

ピックアップ記事

  1. キャプチャ

    2015-9-10

    E-Coin、バーチャルデビットカードの無料発行に対応

  2. 11703526_10153534771854455_4135148978451406433_o

    2015-8-28

    ビットコインだけで世界一周を試みたプログラマの話

  3. 2015_07_29_083421_55b8ba3d8fd0d

    2015-7-31

    仮想通貨“ビットコイン” 法規制議論が本格化

ページ上部へ戻る