ライトコインとビットコインの違いについて

ライトコイン

ライトコインはビットコインの改良版という目標を持って維持されています。
ただ、ビットコインよりも大きくなろうという気概よりも足りなうところを補うというスタンスです。

発行通貨はビットコインの4倍8400万枚と他の仮想通貨と比較しても発行量は多いです。
(リップルは1億XRPとなっているが本質的にちょっと違う)

ライトコインは元Googleのチャーリー・リーにより作られました。

ライトコインがビットコインと比べて大きく異なるのは以下の2点
・採掘はビットコインよりハードルが低い。
・取引時間が短い。

採掘に関してはビットコインと同様ですがそのPCの能力はやや低くても充分戦える市場です。
そこそこのスペックのPCであれば1日0.15LTC(約600円)程度の採掘が可能なこともあるようです。

また取引時間も約4分の1となっています。

Litecoin – オープンソースP2Pデジタル通貨

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

ピックアップ記事

  1. キャプチャ

    2015-9-10

    E-Coin、バーチャルデビットカードの無料発行に対応

  2. 11703526_10153534771854455_4135148978451406433_o

    2015-8-28

    ビットコインだけで世界一周を試みたプログラマの話

  3. 2015_07_29_083421_55b8ba3d8fd0d

    2015-7-31

    仮想通貨“ビットコイン” 法規制議論が本格化

ページ上部へ戻る