カリフォルニア州のビットコイン法案「AB1326」の規制対象は管理権を持つ事業者のみに

カリフォルニア州のビットコイン法案「AB1326」の規制対象は事業者

カリフォルニア州の「ビットコイン規制法案 AB1326」が見直し、更新された。
最も大きな変更点は仮想通貨の「交換」をおこなう事業者が規制対象から外された。

このことは大きな波紋を呼んでいる。
元々「交換」を行う事業者も対処運い含まれていたがこの対象となると申請、更新んsどの手数料として莫大な費用がかかり小さな交換所は壊滅的なダメージを受けかねなかった。

しかし、今回アップデートでこういった小さな交換所は対象外となりカウンターパーティーやカラードコインなどを扱う交換所、Enigma、Ethereumなどのソフトウエアのプログラムなどは規制を免れる。

そんな中で残された事業者は完全に顧客の仮想通貨管理を行う事業者だけとなった。
簡単に言うと「サービス上、事業者の過失で顧客が資産を失うリスクが生じる場合」という部分に重きが置かれた。

また、他の法案との調整も行われている。

これまでにない法案の策定に曖昧さは否めないがある部分での規制は現実に行われる模様だ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

取引所の登録はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ご支援はこちら

仮想通貨24は皆さまのご支援により運営させていただいております。ご賛同いただける方は下記アドレスにお気持ちをご送信下さい。

ビットコインアドレス

1GeyoFJovZhbRTFHGM1jk7z8VtfeHg4UHX

ビットコインアドレス
(QRコード)

qrコード

広告枠について

仮想通貨24では広告枠をご提供させていただいております。 詳しくは下記からお問い合わせください。
広告枠を問い合わせる
ページ上部へ戻る