ニュージャージーでは仮想通貨ビジネスの減税検討

ニュージャージーでは仮想通貨ビジネスの減税検討

ビットコインなどの仮想通貨に関する法律がアメリカニュージャージー州で検討されている。
法律は「デジタル通貨雇用創出法」という名目で急成長する仮想通貨産業の革新を促進しながら雇用を創出したいという考えだ。
そこには当然消費者の保護も組み込まれている。

現時点では30ページほどの草案がまとめられた段階だが中にはビットコインでの納税を認める部分もあったり、採掘で得た利益についての消費税を免除するなど独特な部分も多く見られその動向が注目されている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

ピックアップ記事

  1. キャプチャ

    2015-9-10

    E-Coin、バーチャルデビットカードの無料発行に対応

  2. 11703526_10153534771854455_4135148978451406433_o

    2015-8-28

    ビットコインだけで世界一周を試みたプログラマの話

  3. 2015_07_29_083421_55b8ba3d8fd0d

    2015-7-31

    仮想通貨“ビットコイン” 法規制議論が本格化

ページ上部へ戻る