スマートデバイスとビットコインがたどり着いた「IoT」

スマートデバイスとビットコインがたどり着いた「loT」

「IoT」とは「Internet of Things」の略で「すべてのものがインターネットに繋がっている状態」を示す言葉だ。
最近では「スマート家電」などという単語でスマホからインターネットを介し家のエアコンをコントロールしたりテレビもインターネットに接続して「dボタン」という機能で様々な付加価値を高めている。

そんなスマートデバイスとビットコインはどのようにIoTに関わっていくのだろうか。

今、開発されているのはビットコインの取引などを簡便にするコアチップをあらかじめ組み込むことだ。
これにより秒単位での課金が可能になるし、様々な課金モデルを生み出すことになるだろう。

現在のスマートデバイスのアプリはフリーミアムと言うモデルが多く、インストールと基本機能は無料でプレミアム機能についてを月額課金などしていくというモデルだ。

そう言ったモデルにおいてはこのような組み込みのコアチップが有効になるだろう。

また、そのチップを使用して組み込みマイニングという「採掘をスマホで」行おうとする動きもある。

また、本人の認証をどうするかという課題はあるがレジなどを通さない決済方法なども考えられる。

ハードを提供することで新たなソフトが生み出されることも大いにあるだろう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

取引所の登録はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ご支援はこちら

仮想通貨24は皆さまのご支援により運営させていただいております。ご賛同いただける方は下記アドレスにお気持ちをご送信下さい。

ビットコインアドレス

1GeyoFJovZhbRTFHGM1jk7z8VtfeHg4UHX

ビットコインアドレス
(QRコード)

qrコード

広告枠について

仮想通貨24では広告枠をご提供させていただいております。 詳しくは下記からお問い合わせください。
広告枠を問い合わせる
ページ上部へ戻る