既存通貨と仮想通貨のいいとこ取り?Fedcoinとは

cryptodollar

ビットコインをはじめとする仮想通貨の特徴と言えば、”高い匿名性”と”ユーザー間での受け渡し”ですが、仮想通貨と普通の通貨のいいとこ取りをしようというアイデアがFedcoinです。
Fedcoinの”Fed”の語源はFederal、つまり中央組織を作った上で暗号通貨ネットワークを形成しようという試みです。

どこからこのアイデアが生まれたのか?

Fedcoinの考え方はビットコインへの問題点を元に生み出されました。
具体的には以下の様な事例です。

  • マネーロンダリングや犯罪への利用
  • レートが変動しやすい
  • 信用出来る機関を介さないというネガティブイメージ

確かに犯罪への利用はニュースでも散々取り上げられていますし、昨年のMt.gox事件からというものビットコインへのイメージは決して良いものではありません。
仮想通貨と現金のやり取りは「取引所」が担当するのが普通ですが、公的機関が運営している訳ではないので完全に信頼し切っている方はほとんどおられないでしょう。

Fedcoinのメリットとは?

Fedcoinは「中央機関が発行量を管理し、送金の記録と処理をする」「個人情報が必須」という事以外は基本的にビットコインと同じです。
この違いによって生まれるメリットは以下の通りです。

  • レートが安定する
  • 規制が簡単に出来る
  • 金融政策が出来る
  • ネガティブイメージの払拭
  • 24時間365日送金が出来る
  • 送金手数料も安い

現状「仮想通貨を資産として持とう」という方はマイナーだと思われますが、上限を管理する事で暴落のリスクは減ります。
実態のないものは胡散臭いというイメージがある方も、便利なSuicaという感覚で持てるかもしれません。

逆にデメリットは?

完全にいいとこ取りが出来ればこちらが先に普及していますし、もちろんデメリットも存在します。

  • 金融政策が失敗する可能性がある
  • 差し押さえが有り得る
  • 技術の発展が遅くなる
  • 情報漏洩のリスク
  • 中央機関がある地域でしか使えない

説明するに及ばず、ほとんどがまさに普通の通貨で起こっている事です。

まとめ

Fedcoinの考え方はいかがでしょうか?
ビットコインに対する法規制の議論が進む昨今ですが、確かに悪い面も多いことは否めません。
かと言って、これをそのまま実現すると普通の通貨とほとんど同じ扱いになってしまうという懸念もあります。
日本における仮想通貨は他の国に比べるとあまり積極的に受け入れられてはいないような気がしますが、誰もが安心して使える仮想通貨が普及する日は来るのでしょうか?

参考:Fedcoin原案

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

取引所の登録はこちら

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ご支援はこちら

仮想通貨24は皆さまのご支援により運営させていただいております。ご賛同いただける方は下記アドレスにお気持ちをご送信下さい。

ビットコインアドレス

1GeyoFJovZhbRTFHGM1jk7z8VtfeHg4UHX

ビットコインアドレス
(QRコード)

qrコード

広告枠について

仮想通貨24では広告枠をご提供させていただいております。 詳しくは下記からお問い合わせください。
広告枠を問い合わせる
ページ上部へ戻る