米国調査で分かった8割の企業が仮想通貨に前向きな姿勢

米国調査で分かった8割の企業が仮想通貨に前向きな姿勢

ここ数年、インターネット通販などが浸透したことによりモバイル決済やクレジットカード決済に代表される「現金を使わない決済」が増えている。
昨年、経産省が行った調査では日本国内のEC市場規模は2020年までに20兆円市場になると予測されています。

また、iPhone6発売と同時にリリースされた「ApplePay」も約22万店舗が利用可能となっており未来の支払い方法を提示した。

こういったデジタル決済はこれからも更に増えていくだろう。
しかし一方でデジタル決済に対するセキュリティ問題に懸念もある。
そのセキュリティを確保するためにこれから多く議論が行われるだろう。
当面の主軸はやはりNFCに対するセキュリティの問題でしょう。
ApplePayも今のところは大きな問題はなさそうだが油断は禁物だ。

そういった課題含めアメリカの8割の企業が仮想通貨関連事業に積極的なことが分かった。
いずれもこれからの将来性への未来多岐な可能性について多いに評価していることに違いない。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

ピックアップ記事

  1. キャプチャ

    2015-9-10

    E-Coin、バーチャルデビットカードの無料発行に対応

  2. 11703526_10153534771854455_4135148978451406433_o

    2015-8-28

    ビットコインだけで世界一周を試みたプログラマの話

  3. 2015_07_29_083421_55b8ba3d8fd0d

    2015-7-31

    仮想通貨“ビットコイン” 法規制議論が本格化

ページ上部へ戻る