RippleTrade、新規アカウント登録受付終了

Ripple-Logo

10月30日、仮想通貨における銀行口座的存在だったRippleTradeは、新規アカウント登録の受付を終了したことを明らかにしました。
これまではゲートウェイがあちこちでできる状態でしたが、これからはそうもいかないようです。

今回新規アカウント登録の終了に踏み切ったワケ

今回RippleTradeが新規アカウント登録の終了に至ったのは、どうやら企業向けにしたいためのようです。
そのような理由としては、

  • ユーザー向けのサポートにかかるコストを減らしたい
  • マネーロンダリング対策へのコストを減らしたい
  • ゲートウェイや取引所のユーザーを増やしてそれらの収益を増やしたい

などが挙げられるとの見方がされています。

投資対象として注目されているRippleなだけに、今回のRippleTradeの決断は思い切ったものだと言えるでしょう。
もしかすると、既に低コストで海外への送金を行うサービスを提供するEarthportや一般の銀行などがリップルに関連したサービスを近々発表することを確信していたのかもしれません。

これからも変わらずできることは?

RippleTradeで新規アカウント登録ができなくなりましたが、これからもできることはあります。

  • Ripple Tradeで既に持っているアカウントでの取引・送金・両替
  • ユーザーの秘密鍵を預からない取引所Poloniexを用いる取引
  • ユーザーの秘密鍵を預かる取引所Mr.Rippleを用いる取引

などです。

新規でXRPを購入したい場合はどうすればいいの?

新規でXRPを購入したい場合は、前述したPoloniex、Mr.Rippleなどといった取引所を利用することになります。

しかし、一概にそうとは言えませんがMr.Rippleのようにユーザーの秘密鍵を預かって管理する取引所の場合は要注意です。
こういった形式をとる取引所の中には管理している秘密鍵を使ってユーザーの預けたお金を持ち逃げするなど、いわゆる詐欺を行うところもあるようです。

Rippleを利用したいと思っている人は、もう少しの間情報収集をしながら様子を見てみるのもいいかもしれませんね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

ピックアップ記事

  1. キャプチャ

    2015-9-10

    E-Coin、バーチャルデビットカードの無料発行に対応

  2. 11703526_10153534771854455_4135148978451406433_o

    2015-8-28

    ビットコインだけで世界一周を試みたプログラマの話

  3. 2015_07_29_083421_55b8ba3d8fd0d

    2015-7-31

    仮想通貨“ビットコイン” 法規制議論が本格化

ページ上部へ戻る