リップルトレードが運営中止を発表!XRPはどうなる…?

Cursor_と_リップル東京JPY発行所 _ 取引所(相場確認・リップルコイン)

リップルラボ社が公式で運営していたリップルトレードが2016年から運営を停止すると発表しました。
Proof Of Workという技術を利用して取引の承認を行うビットコインとは対照的に、リップルネットワークではコンセンサスを用いて取引の承認されます。ビットコインに比べて取引スピードが速いという利点がありましたが、それはリップルラボ社という管理主体が存在する事が大きな理由です。
そのリップルラボ社が運営するリップルトレードが運営を中止するという事で、仮想通貨界隈では大きな衝撃が走っています。

そもそもリップルトレードとは?

リップルトレードとは、リップルラボ社が発行する仮想通貨”XRP”や他の通貨をやり取りするトレードプラットフォームの事です。
世界各国のゲートウェイを登録する事で、あらゆる通貨と交換することが出来ました。

これからリップルはどうなる?

リップルラボ社の発表によると、イギリスのGatehubに移行を推奨しています。
Gatehubはリップルのゲートウェイでしたが、先日トレードプラットフォームの提供も開始しています。
リップルトレードが終了しても、リップルネットワークやXRPが終了する訳ではありません。
しかし、リップルラボ社という管理主体への信頼が価値を保証していた事は事実であり、
それは運営停止発表直後のXRPのレートにも反映されています。
(サムネイル参照)

リップルラボ社が運営停止を発表した理由とは?

リップルラボ社の発表によると、銀行テクノロジーのインフラ整備に焦点を置いた経営方針を行うため、との事です。
近年、世界中の銀行がブロックチェーン技術の研究を開始していますし、リップルラボ社は特に金融機関への応用に取り組んでいました。
それがXRPのレートを押し上げた一因でもありますが、リップルラボ社はXRPのサービス提供よりも銀行との技術開発を選んだ様です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

ピックアップ記事

  1. キャプチャ

    2015-9-10

    E-Coin、バーチャルデビットカードの無料発行に対応

  2. 11703526_10153534771854455_4135148978451406433_o

    2015-8-28

    ビットコインだけで世界一周を試みたプログラマの話

  3. 2015_07_29_083421_55b8ba3d8fd0d

    2015-7-31

    仮想通貨“ビットコイン” 法規制議論が本格化

ページ上部へ戻る