リップル(XRP)盗難の危険性について

bitcoin二段認証

リップル(XRP)においての盗難が多発している。

ripple tradeのウォレットをハッキングされてしまい残金を全て送金されてしまうと言う被害だ。
実際に100万円以上の被害を受けた人もおり注意が必要だ。

 

もっとも厄介なのが銀行などと違い盗まれても何ら保証や差し押さえなどが出来ないという点だ。

現行の法律では盗まれたらあきらめるしかないというのが実情だ。

ripple tradeの場合はユーザーの情報はメールアドレスとパスワードであり
ハッカーにとっては容易にハッキングできてしまう。

 

一方、Blockchain walletにおいてはユーザーネームをランダムな数字にしているため少しだけ安全性は高い。

また、自身が気をつけていても取引所がハッキングされてユーザー情報が流出しては目も当てられない。

そこで非常に有効なのが二段認証だ。 すくなくとも二段認証を導入しておけばスマホを盗まれない限り大丈夫だ。

日本の主要な取引所、Btcbox、Zaif、Coincheckなども二段認証を導入済みである。

 

もし、最強の暗号化技術が開発されても相手はすぐに隙を狙ってくる。
警察もあてにはならない状況においてはリップルのみならず仮想通貨にとって二段認証はマストだろう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ会員募集中!

メルマガ会員
仮想通貨24では会員しか見られない限定メルマガを配信しています。
登録はこちら

ピックアップ記事

  1. キャプチャ

    2015-9-10

    E-Coin、バーチャルデビットカードの無料発行に対応

  2. 11703526_10153534771854455_4135148978451406433_o

    2015-8-28

    ビットコインだけで世界一周を試みたプログラマの話

  3. 2015_07_29_083421_55b8ba3d8fd0d

    2015-7-31

    仮想通貨“ビットコイン” 法規制議論が本格化

ページ上部へ戻る